QLOOKアクセス解析

偏食を忘れさせるバーベキュー

東京都にお住まいのK様の体験談。
 
 
アウトドア好きの同僚が新しくダッチオーブンを買ったので、バーベキューに行くことになりました。
仕事帰りに時々食事に行く事はありましたが、休日に誘い合わせて出かけるのは初めてです。
参加者は全部で4人、バーベキューに必要な機材等はアウトドア好きの同僚が用意してくれるので、
残りの3人が食べたいものを用意することに決まりました。
 
最初は普通に何をどれくらい買おうかと話し合っていたのですが、
途中からいっそのことヤミナベならぬヤミバーベキューにしてしまおうという話になり、
他のメンバーには内緒で、それぞれが焼きたいものを勝手に用意して持って行こうということになりました。
食べ物の好き嫌いが激しく、酷い偏食なので、ちょっと不安ではありましたけど。
 
2台の車に分乗して向かった先は東京郊外の河原でした。
同僚がグリルやテーブルを準備しているなか、参加者たち持ち寄った食材を広げて行きます。
無難に焼肉セットとカット野菜も用意しましたが、
みんな結構遊び心を持っていて、牛豚は当然ながら、
漫画に出てくるような骨付きの塊肉やラム肉、マシュマロやホットケーキミックス、
鶏肉は一羽丸ごとという品揃えになりました。
 
実はあまりお肉は好きではなかったのですが、
屋外でワイワイと騒ぎながら食べると不思議と美味しく感じ、
半年分くらいの量のお肉を頂きました。
 
特に美味しかったのは鶏肉の丸焼きです。
表面パリっと香ばしく、中はしっとりとジューシーに仕上がり、
量の問題さえなければ自宅でも作りたいくらいに気に入ってしまいました。
 
ホットケーキミックスを使って作ったバームクーヘンはちょっと焦げてしまいましたけど、
日ごろの偏食が嘘のように、何もかもが美味しかったです。
バーベキューって楽しいものだったんですね。
ページの上部へ